イベントの継続時間を時間または日数で算出する

このセクションではスケジュールに搭載されている時間統計機能がリソースのプロフィール、時間/日数が指定されているイベントなどの条件で算出されるロジックを説明します。

リソースまたは組織の時間プロフィール

リソースのプロフィール

リソースウィンドウの「シフト」タブ→「勤務時間設定」を選択

  • シフト [RES-SLOT]: 各曜日の午前と午後のシフトを勤務日または休日に設定することができます。
  • シフト

  • 時間数[RES-HRS]: 各曜日の労働時間数を勤務日または休日に指定することができます。
  • プロフィールの時間数

  • 時間数のプロフィールから「すべての時間をカウントする」[RES-HRS-COUNTALL]:
    このオプションを選択すると時間数が指定されているイベントの全時間数を合計します。
    このオプションを選択しない場合、一日のイベントの最高時間数はプロフィールに指定された時間数になります。

    時間数 「すべての時間をカウントする」オプション

企業プロフィール

ツールメニュー→オプション→時間プロフィール

企業プロフィール

  • 一日の時間数 [COMP-HRS]: 企業の営業時間を指定することができます
  • シフト [COMP-SLOTS]: 企業の午前と午後の営業時間を指定することができます
  • 深夜労働シフト [COMP-NIGHT-SLOTS]: 組織の深夜のシフトを指定することができます

終日イベント [EVT-ALLDAY]

終日イベントの場合は「終日」ボックスがチェックされています。イベントは一日または数日間、終日で予定されます。
終日イベントは二種類あります:

  • 終了日が指定されている終日イベント [EVT-ALLDAY-END] : イベントの最終日が指定されています。
  • 日数イベント

  • 継続時間が指定された終日イベント[EVT-ALLDAY-DURATION] : イベントの継続日数を指定する場合。. イベントの終了日が時間プロフィールに従って算出されます。.
  • 時間イベント

時間イベント [EVT-TIME]

時間イベントには開始時間と終了時間が入力されています。. 「終日」ボックスはオフになっています。
時間イベントは二種類あります:

  • 終了時間が指定されている時間イベント [EVT-TIME-END] : イベントの最終日が指定されています。
  • 終了時間が指定されている時間イベント


  • 継続時間が指定されたイベント[EVT-TIME-DURATION] : イベントの継続時間を時間、分単位で指定する場合。. 時間プロフィールに従ってイベントの終了時間が算出されます。
  • 時間イベント

イベント期間の詳細

時間イベント

  • [PERIOD-ON]:リソースのプロフィールに指定された労働期間
  • [PERIOD-OFF-MIDDLE]: イベント期間中のリソースのプロフィールに指定されている労働時間以外の期間または休日 この期間は時間の統計に含まれません。
  • [PERIOD-OFF-EXTREMITY]: イベント期間の始め又は終わりに位置する休暇または休日

エクセルレポートの様々な時間のタイプ

エクセルレポートで分析することができるデータ:

エクセルレポートの様々な時間のタイプ

  • 通常時間 [Dat_Hours]: リソースのプロフィールに指定された労働時間内の時間数[PERIOD-ON]
  • 残業時間 [Dat_HoursExtra]: リーソースのプロフィールに指定された時間外または休日の労働時間で、それがイベントの開始または終了時に位置する場合 [PERIOD-OFF-EXTREMITY]
  • 通常日数 [Dat_Days]:この値は日数でイベントの「Dat_Hour」を表します。タスクの「Dat_Hour」(労働時間数)をプロフィールの通常労働時間(またはデフォルト値)で割った値です。
  • 残業日数 [Dat_DaysExtra]: この値は「Dat_HourExtra」(残業時間)を日数で表します。イベントの「Dat_HourExtra」をリソースのプロフィールに指定されている所定労働時間数(またはデフォルト値)で割った価です。
  • 深夜時間 [Dat_NightHours]: 深夜スロット [COMP-NIGHT-SLOTS]の労働時間
  • 普通時間 [Dat_DayHours]: 深夜スロット以外の時間

休憩時間

イベントの休憩時間は終日イベントのみ、時間計算に適用されます。休憩時間はまず残業時間 [Dat_HoursExtra]から引かれ、残りが通常時間 [Dat_Hours]から引かれます。

祝日

計算された期間から祝日を差し引きます : [ツール] - [オプション] - [イベント] メニューで、計算された期間から祝日を差し引くことを選択できます。

使用例

データ

企業プロフィール:

  • [COMP-SLOT] = 午前9時 から 12時30分、 午後1時30分から午後6時(8 時間/日)
  • [COMP-NIGHT-SLOTS] = 午後9時から午前5時
  • [COMP-HRS] = 8時間/日

終了日が指定されている終日イベント [EVT-ALLDAY-END]:

  • 勤務日の終日の研修: 勤務日の終日イベント
  • 土曜日に終わる二日間の研修: 最終日が休日の二日間のイベント
  • 研修、日曜日、1日: 休日の終日イベント

終了時間が指定されている時間イベント [EVT-TIME-END]:

  • 午後2時から午後4時までの研修:労働時間内の時間イベント
  • 16時から22時の研修:終了時間がプロフィールのシフトを超える時間イベント
  • 水曜日15時から木曜日12時までの研修:数日継続される時間イベント

継続日数が指定されたイベント[EVT-ALLDAY-DURATION]:

  • 勤務日の終日の研修: 勤務日の終日イベント
  • 金曜日に始まる二日間の研修: 研修は月曜日に終わります。
  • 日曜日に始まる二日間の研修: 日曜日から始まる2日間のイベント→研修は月曜日に終了

継続時間が指定されたイベント[EVT-TIME-DURATION]:

  • 2時間の研修: 勤務日に始まるイベント
  • 15時間の研修: 勤務日に始まるイベント
  • 日曜日、2時間の研修: イベントの初日が休暇日です。
  • 日曜、午後二時に始まる10時間の研修: イベントの初日が休暇日です。

シナリオ1: [RES-SLOT] = 10時から12h30分、13時30から18時、土日を除いて一日7時間

エクセルレポートの結果:

[RES-SLOT] = 10時から12h30分、13時30から18時、土日を除いて一日7時間 Dat_Hours Dat_HoursExtra Dat_NightHours
[EVT-ALLDAY-END] 勤務日の終日の研修 7 0 0
[EVT-ALLDAY-END] 土曜日に終わる二日間の研修 7 8 0
[EVT-ALLDAY-END] 研修、日曜日、1日 0 8 0
[EVT-TIME-END] 研修、14時から16時まで 2 0 0
[EVT-TIME-END] 研修、16時から22時まで 2 4 1
[EVT-TIME-END] 研修水曜日15時から木曜日12時 5 0 0
[EVT-ALLDAY-DURATION] 勤務日の終日の研修 7 0 0
[EVT-ALLDAY-DURATION] 金曜日に始まる二日間の研修 14 0 0
[EVT-ALLDAY-DURATION] 日曜日に始まる二日間の研修 7 8 0
[EVT-TIME-DURATION] 2時間の研修 2 0 0
[EVT-TIME-DURATION] 15時間の研修 15 0 0
[EVT-TIME-DURATION] 日曜日、2時間の研修 0 2 0
[EVT-TIME-DURATION] 日曜、午後二時に始まる10時間の研修 6 4 0

統計の詳細:
[EVT-ALLDAY-END] 2日間の研修
[Dat_Hours] = 金曜日、7時間 = [RES-SLOT]
[Dat_HoursExtra] = 土曜日、8時間 = [COMP-SLOT]

[EVT-TIME-END] 研修、16時から22時まで
[Dat_Hours] = 16時から18時までの2時間
[Dat_HoursExtra] = 18時から22時までの4時間
[Dat_NightHours] = 21時から22時までの一時間

[EVT-TIME-END] 研修水曜日15時から木曜日12時
[Dat_Hours] = 水曜日15時から18時までの3時間と、木曜日10時から12時までの2時間

シナリオ2: [RES-HRS] = 1日7時間(土日を除く)

エクセルレポートの結果:

[RES-HRS] = 1日7時間(土日を除く) Dat_Hours Dat_HoursExtra Dat_NightHours
[EVT-ALLDAY-END] 研修、1日 7 0 0
[EVT-ALLDAY-END] 2日間の研修 7 8 0
[EVT-ALLDAY-END] 研修、日曜日、1日 0 8 0
[EVT-TIME-END] 研修、14時から16時まで 2 0 0
[EVT-TIME-END] 研修、16時から22時まで 6 0 1
[EVT-TIME-END] 研修水曜日15時から木曜日12時 14 0 1
[EVT-ALLDAY-DURATION] 勤務日の終日の研修 7 0 0
[EVT-ALLDAY-DURATION] 金曜日に始まる二日間の研修 14 0 0
[EVT-ALLDAY-DURATION] 日曜日に始まる二日間の研修 7 8 0
[EVT-TIME-DURATION] 2時間の研修 2 0 0
[EVT-TIME-DURATION] 15時間の研修 15 0 0
[EVT-TIME-DURATION] 日曜日、2時間の研修 0 2 0
[EVT-TIME-DURATION] 日曜、午後二時に始まる10時間の研修 0 10 0

統計の詳細:

[EVT-ALLDAY-END] 2日間の研修
[Dat_Hours] = 金曜日、7時間 = [RES-HRS]
[Dat_HoursExtra] = 土曜日、8時間 = [COMP-HRS]

[EVT-TIME-END] 研修、16時から22時まで
[Dat_Hours] = 16時から22時までの6時間
[Dat_NightHours] = 21時から22時までの一時間

[EVT-TIME-END] 研修水曜日15時から木曜日12時
[Dat_Hours] = 14時間。[RES-HRS]のプロフィールで一日の最高時間数が7時間と設定されているため、水曜日の15時から22時までの7時間と木曜日15時から22時までの7時間
[Dat_NightHours] = 水曜日21時から22時までの1時間

シナリオ3: [RES-HRS-COUNTALL] =「すべての時間をカウントする」オプションで一日7時間、土曜日と日曜日を除いて毎日

エクセルレポートの結果:

[RES-HRS-COUNTALL] =「すべての時間をカウントする」オプションで一日7時間、土曜日と日曜日を除いて毎日 Dat_Hours Dat_HoursExtra Dat_NightHours
[EVT-ALLDAY-END] 研修、1日 7 0 0
[EVT-ALLDAY-END] 2日間の研修 7 8 0
[EVT-ALLDAY] 研修、日曜日、1日 0 8 0
[EVT-TIME-END] 研修、14時から16時まで 2 0 0
[EVT-TIME-END] 研修、16時から22時まで 6 0 1
[EVT-TIME-END] 研修水曜日15時から木曜日12時 21 0 8
[EVT-ALLDAY-DURATION] 勤務日の終日の研修 7 0 0
[EVT-ALLDAY-DURATION] 金曜日に始まる二日間の研修 14 0 0
[EVT-ALLDAY-DURATION] 日曜日に始まる二日間の研修 7 8 0
[EVT-TIME-DURATION] 2時間の研修 2 0 0
[EVT-TIME-DURATION] 15時間の研修 15 0 0
[EVT-TIME-DURATION] 日曜日、2時間の研修 0 2 0
[EVT-TIME-DURATION] 日曜、午後二時に始まる10時間の研修 2 8 0

統計の詳細:

[EVT-ALLDAY-END] 2日間の研修
[Dat_Hours] = 金曜日、7時間 = [RES-HRS]
[Dat_HoursExtra] = 土曜日、8時間 = [COMP-HRS]

[EVT-TIME-END] 研修、16時から22時まで
[Dat_Hours] = 16時から22時までの6時間
[Dat_NightHours] = 21時から22時までの一時間

[EVT-TIME-END] 研修水曜日15時から木曜日12時
[Dat_Hours] = 21時間。水曜日15時から深夜零時の9時間と木曜日深夜零時から12時の12時間
[Dat_NightHours] = 8時間。21時から深夜零時までの3時間と深夜零時から5時までの5時間

継続時間が指定されたイベント

プロフィールから算出される終了日
継続時間が指定されているイベントの終了日はリソースの時間プロフィールから算出されます。

使用例:
[EVT-ALLDAY-DURATION] 金曜日に始まる二日間の研修
週末は計算に含まれないので、このイベントは次の週の月曜日に終了します。

[EVT-TIME-DURATION] 水曜日の9時に始まる15時間の研修
[RES-HRS] : 1日目は7時間、2日目は7時間、3日目は1時間とカウントされます。そのため、イベントは3日間に渡って行われます。
[RES-HRS-COUNTALL] : 15時間連続でカウントされます。イベントは木曜日の朝6時に終了します。

レポート作成

これによって作業時間、残業、深夜勤務等のダッシュボードをエクセルレポートまたは API連携で作成することができます。