Arxivarでのワークフローのオートメーションとドキュメント・マネージメント

ArxivarをPlanningPMEと連携する利点

多くの企業がArxivarを活用しています。様々な設定変更が可能なワークフロー機能により、このプラットフォームはドキュメント管理や企業プロセスを支援します。. 業務スケジュールとビジネス管理プロセスの統合により日々の仕事が柔軟になり、情報共有がよりスムーズになります。
この連携の目的はスタッフのスケジュール管理をシンプルにすることで時間を節約し、生産性を向上することです。
ワークフローを作成することで新規タスクを作成する際に手動でデータを入力することを最低限に抑えることができます。これによってリソースをレポート作成にガイドすることもできます。.
さらにこの連携は注文や業務の進捗状況およびデータや書類をウェブ上の共有スペースで確認することを可能にします。

workflow Arxivar

技術的な利点:パワフルなワークフロー機能

PlanningPMEと Arxivarの連携により、Arxivarの優れた電子アーカイブ機能を使ったドキュメント管理と強力なワークフロー機能を活用すると同時に、PlanningPMEでリソースを管理 することができます。さらにメールと自動お知らせ機能で従業員や顧客とリアルタイムで情報を共有することができます。

ワークシート、タイムシート、休暇申請、欠勤などの集計が簡素化され、データの活用とコントロールがすぐに可能になります。また、休暇の残数や修了した研修、従業員のタスクやアポイントメントの確認、従業員の労働時間や欠勤、遂行すべき任務を管理することもできます。

その他の特長:

  • チームワークとリモートワークの向上
  • コラボレーションの強化と認証プロセスの誘導
  • かんたんに検索できる共有デジタルアーカイブの作成
  • お客様の情報システムや企業アーカイブとの通信の可能性が無限に広がります。
  • ユーザー数の上限は無く、追加料金もありません。
  • レスポンシブなウェブ・インターフェースと、カスタマイズが可能な専用レイアウト
  • iOSとAndroid 用の無料モバイル・アプリケーション
  • プロセス数と収集・管理する情報量の両方でスケーラブルなシステム

スマートなスケジュールの構造

スケジューラーのデータの連携方法

統合はプロセス・レベルで行われ、単一の作業環境でのユーザー体験を提供します。情報は「タスク/アクティビティ」の形で提供され、その進捗状況は自動的に有効なすべての会社のエリアでアクセス可能となり、PlanningPMEでのスケジューリングは通常通りに行うことができます。リソースには、実行しなければならないタスクの通知が届き、仕事の進捗状況の監視は、作業レベルで何が行われたかを報告する最終バランスプロセスによって行われます。 2つのシステム間の接続は、ARXivarがPlanningPMEのすべてのデータにアクセスしてレポートするために、特別に開発されたコネクタを介して行われます。

PlanningPMEのタスクは、その期間(毎日または数日間)に関わらず、その「状態」に応じてインターセプトされ、イベントとして、ワークフローで事前に定義された特定の自動機能(通知、タスク要求、自動メールなど)のエンジンとして機能します。

クオリティーに関する利点 : 最適化、管理、効率化

「企業が『うまくいかない』とすぐに気づく。うまくいっていると気づかない」

必ず期待できる効果とは?

その利点は、主にお客様との関係における質の差に関するものです。多くの場合、予定を調整することは見かけよりも難しいものです。 1人のリソースを2つのタスクに同時に割り当ててしまったことがありますか?あるいは、アポイントメントが多すぎて、予定を延期したことがありますか?

これらはすべて、私たちの日常的な批判の例です。だからこそ、完全な計画性と効率化もまた、お客様にとって重要な要素であると考えています。

PlanningPME - Arxivar

作業方法のアジリティと一貫性

人それぞれの働き方があるので、企業にはたくさんの働き方があるように見えますが、それが適切でないことも多いのです。 ビジネスプロセスのさまざまな段階で、活発で柔軟な、しかし研究され適用された作業方法は、時間的に相互にフォローする協力者の間で、知識のより良い伝達(シャドーイング、組織的方法の下でシステムを形成する能力)を意味します。

日々の仕事の改善

「戦略を立てるためのツールと時間がある」

スタッフから活動のデータを収集するために時間を費やすことは、質問する側と答える側の両方にとってしばしば面倒なことです。ほとんどの場合、企業内で使用されているソフトウェア間の連携がうまくいっていないことが原因です。
この連携により、煩雑なデータ収集よりも分析・比較に時間を割くことができるようになります。

日々の業務を改革:組織化されたプロセスと事前に設定されたワークフローの使用により、システム間の情報交換が容易になり、データはすでに均質で相互にリンクされているため、データをより簡単に分析する ことができるようになります。

例:ワークフローとレポート

Arxivar Workflow

Arxivar - PowerBI

お問い合わせ

アドバイス、お見積もり、またはご使用中のツールとの連携方法
についての詳しい情報をご希望の場合は当社までお問い合わせください。

お問い合わせ