市役所のスケジュール管理

市役所でスケジューラーはどのように活用されているのでしょうか?


市役所のスケジュール管理

会社紹介

バニュー(Bagneux)市役所: 職員800人 (施設・設備管理部200人と貸出施設14室を管理しているコミュニケーション・PR部を含む)

国:
フランス
ウェブサイト:
www.bagneux92.fr
事業内容:
官公庁
スケジューラーの使用目的:
施設管理、IT機器管理、勤怠管理、研修企画、公用車管理、メインテナンスのスケジュール

導入背景

主な課題:
1、予定の空いているメインテナンスのスタッフを探す
-教育機関10校のメインテナンスをそれぞれの時間割に合ったタイミングで行う(スタッフ、アシスタント、清掃スタッフ、給食、管理人、グループリーダー) -公共施設の清掃とメインテナンス(官公庁、文化会館、医療センター、地域文化センター、貸出施設等)

2、貸出施設の予約状況に合わせて清掃スタッフを予定する

自治体の職員を管理する

PlanningPMEの週間表示と月表示を使い施設管理責任者が人手が足りないチームに追加スタッフを割り当てることができます(施設管理スタッフ数200人)。
例えば特定の日に特定の現場のスタッフが足りない場合、責任者がPlanningPMEで不在のスタッフが近日中に戻ってくるのかを調べることができます。不在が短期の場合(研修、休暇等)不在のスタッフが戻ってくるのを待つ間優先しなくてはならない仕事を他のスタッフに伝えることができます。スタッフの不在が長引く場合(病欠、長期休暇等)は代替スタッフを見つけなくてはなりません。
PlanningPMEで他の仕事場へ送られたスタッフを表示、どの仕事場に何人のスタッフがいるのか、またどのようなスキルを備えたスタッフが就いているのかなどを確認することができます。
さらにPlanningPMEで施設の利用されている時間を確認し、空いている時間にメインテナンスを予定 することもできますし、どのようなお客様(非営利団体、個人、公共サービス、企業等)が何時間施設を利用しているのかを分析することも可能です。